ちょこっと趣味

本家には載せれない詩や絵を公開
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
タイトル”華糞マーチ”
春の陽気に心ときめいて
鼻歌なんか歌ってみたり
ちょっと幼稚って思われてても
これが『私』のスタイル

裾が大きく靡くスカートは
私のお気に入りの一つ
このままジャンプしたら
雲に乗れるかもしれない

スキップして歩く道 バスの時刻5秒前
胸が弾むわ

何かしら このドキドキは
今までにない不思議体験
目が合うだけで動けない
でもね 心地いい感覚
| 華糞 | - | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
こたまぜ
愛という刻印−しるし−を遺して
今羽ばたく 風になる


両手で包み込んだ夢は
はかなく消えてしまうものだから
人は隠すことを覚え
心の中に秘めて過ごすの

なんでかな 閉じ込めたはずの
煌めく合言葉 それは……

−切なさ−と呼ぶ


『愛していた』 なんて甘い言葉
今の自分には感じられなくて
両手に残る温もりに 息をかけて 涙流す それは それは………

−愛しさ−
| 華糞 | - | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
no title
せめて、せめて一人でもいい

『ありがとう』って言葉が欲しかった

誰かに言われたからでない

またしてや何かのついでとかでもない

心の底からの

『ありがとう』が…
| 華糞 | - | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
爆笑な出来(^O^)/
恋をすれば可愛くなるって 誰かに聞いたことあるけれど
それは誰かのためでなく 『貴方』のための原理‐principle‐

ドキドキが止まらないの


この気持ちに色をつけるなら何色がイイ?
澄んだ青色 可愛い桃色
迷う仕種さえ ときめきを誘う
あのね、1番似合う色は
『アナタイロ』
| 華糞 | - | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
駄作
太陽に手をのばし 力を補給−チャージ−して
ありったけの想像力−パワー−で世界を変えてみせよう
『魔法は使えない』 誰かに聞いたけど
そんなこと構わない! 僕らは自由さ

人には人の限界がある
でもねそれを乗り越えられたら
目の前はきっと七色に光る楽園−パラダイス−さ

憧れだけ抱いて生きてたってつまらないじゃない
幸福−幸せ−になりたいよ
僕だけ−オリジナル−の我が儘さ

上手くいかないことも楽しもう!
だってそれが僕だから
| 華糞 | - | 03:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ねぎ氏へ強制プレゼント
今までそばにいた 当たり前のように
隣で私に笑いかけてくれたこと覚えてる

なんで、なんて聞かないで
『寂しい』言えないでしょ
だってその一言で
本当−真実−と知ってしまうから

傍にあった温もりが 今は思い出−記憶−でしかない
いつか願ったら帰ってくるの?
自分に問い掛けた
夢でまた会えるのなら 僕は願い続けるから
どうか微笑みかけていて
ずっと ずっと
In my future
| 華糞 | - | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
テスト
061013_210156.JPG
テスト
| 華糞 | - | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>